脱毛エステサロントップ >> 産毛の脱毛方法

産毛の脱毛方法

産毛に効果的な脱毛エステとは?

うっすらと生える口周りの産毛や手足の産毛、背中の産毛は気になりますよね。

産毛は毎回自分で剃り続けると太くなっていき、生える範囲も広がるので自己処理は避けてエステサロンで脱毛してもらう方が賢明です。

しかしエステで脱毛する場合、光脱毛やレーザー脱毛では脱毛効果が出にくいです。光脱毛やレーザー脱毛は黒いものに反応して脱毛するので、細い産毛では黒の濃さが不十分で反応しにくいのです。


産毛をしっかり脱毛するならニードル(電気)脱毛がお勧めです。

ニードル脱毛が受けられるエステサロン…TBC

ニードル脱毛は電気針を毛穴に通して、その針に電流や高周波を流すことで毛根を焼いてムダ毛を処理する脱毛法です。

一度に広範囲を処理する光脱毛やレーザー脱毛とは違い、1本1本丁寧に処理していくので細い産毛も確実に処理できます。

ただニードル脱毛は1本1本処理するため時間がかかり、かなり痛いと感じる人も多いので、あらかじめ光脱毛やレーザー脱毛である程度広範囲の脱毛を完了してから、残った産毛をニードル脱毛で処理して仕上げるのがお勧めです。

脱毛エステサロンの中には顔の脱毛を扱っていないところも多いです。なぜならわずかながら顔の脱毛には危険性があるからです。

逆に顔の脱毛も扱っているエステサロンであれば、安全性の高い脱毛と言えます。ミュゼプラチナム銀座カラーTBCエピレ脱毛ラボピュウベッログランモアRAYVIS(旧TOKYO BDC)では顔の脱毛を受けることができます。